偉大な自然の中で暮らす喜び


by 森里きよら
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

秋と冬の実線

a0290573_21460680.jpg
徳島市山城団地 はじっこの秋


「秋と冬の実線」


秋 太い実線だから

天高く絹雲を浮かべる

いろんなものを実らせる


秋を物悲しい点線にして思いにふけるから 自分を臼ぺらい秋にしてしまう


秋と冬の間 実線を消してしまうEGOIST

人の道 ハッキリした実線を踏みにじるから

人を暈してしまう差別 命を抹殺する季節を造りあげてしまう


はじっこから季節は薄い線で始まり 移ろい揺らごうと踏み外さない実線を描いてふかまる
a0290573_21463231.jpg

[PR]
# by kiyora77 | 2017-09-14 23:11 | 愛色森宇宙

ring 旅立ちへ浮き輪

a0290573_21233301.jpg
勝浦川土手よりのぞむ眉山

「ring浮き輪」

大波小波にもまれ波間にプカプカと浮き輪
高波に呑まれ砂の歯車に刻まれる
沖から迫る強迫に引き戻され 
波間でシーソーの繰り返し

暗黒の海底に引き込む潮流
気力の空気で負けまい抵抗
日は昇り月の去る海面で混沌
道心 回転しないring浮き輪
進みようないジレンマ

うーん 回るringがほしい
弱音もはく 助けてとも叫ぶ 
ringの強い回転浮力でescapeじゃない脱出

正義も悪心も浮かべてしまう海から旅立つんだ
a0290573_21240800.jpg

[PR]
# by kiyora77 | 2017-09-04 21:22 | さみしさBOX

橙色の軌道

a0290573_21175798.jpg
阿南市新野町 牟岐線沿線風景
  
「橙色の軌道」

ノウゼンカズラの花を見つめる
跳ね返って来そうな橙色に引き込まれ遡り 落ち着いた優しい駅にたどりつく

無人駅のホーム 
橙色の粉末ジュースを溶かさずに
含んだ味わいの汽車が来る
肌色に橙色のくすんだ車体
錆び付いたブレーキ音をかるく響かせ停車

降りてくる人 乗り込む人
遠い遠いところで見ているから
霞んでボヤけている
みんな一様に遠い駅行きの切符を心にしのばせてすれ違うから 互いの距離は遠ざかる

鋭い警笛が高らかにこだまして 青いストライプの汽車が出ていく
次に停車する遠い駅のホームに
カンナの橙色が朱色に萌えて
水に溶かした粉末ジュースの味わいを遠くへ遠くへ遠ざける
a0290573_21182601.jpg

[PR]
# by kiyora77 | 2017-08-22 21:17 | さみしさBOX

空から絵本の絵

a0290573_23493469.jpg
遠い昔も今も紙芝居 絵本の文章よりイラストに魅了される 画風は明快にしてほのぼのしてる それでいて揺さぶるものがある 言葉では表せない何かに引かれて長年 そんなイラストを追い求めている

 そんな折 NHKローカルニュースを見ていると阿南市在住の新進気鋭の絵本イラストレーターを紹介していた そのイラストに描かれた風景と子供に季節感 私の追い求める昭和の郷愁 ほのぼの感 見事に表現されていて 私の心は突き動かされ電流が走りまくった

 この新進気鋭の絵本イラストレーターは画伯の域に到達すると思う これからの活躍を注目したい


「異次元」


インスピレーションがわいて書く

書いて書き上げても何かわからない

書けたことで明日に何か思えそう


異次元にいるかも知れないもう一人の自分を思ってる

絵心はなくても自分の人生を描けと言い合う

何かを感じ取れる自分で充分

そう同じように呟いている

もう一人の自分も次元をこえて

自分へ叱咤激励してる

互いを感じてる


異次元の自分と自問自答 

いやになるほど幻滅すれど 

自分はもう一人の自分を追い求める
a0290573_23495959.jpg

[PR]
# by kiyora77 | 2017-08-05 23:48 | さみしさBOX

百年時間

a0290573_12063337.jpg
徳島県海陽町 海部川上流轟渓谷


「百年時間」


渓谷の巨岩

水流に研ぎ澄まされ若々しくある

百年時間後 其処に苔むし皺を刻んでも動じない姿見えてくる


樹木の生える山

見馴れた景観ゆえにその変貌は見たくない

百年時間後 森林から人里の痕跡を呑み込む深林が見えてくる


深林をおおう雨雲 

水滴と落ちて透き通り雨竜の化身

鋭い速さで拡散するジレンマ

百年時間後 ジレンマを消し去るシルクの天女が昇る


感覚 感触 感情も存続できない百年時間

それでも次から次へと思いを残せば百年時間後に意思は残る
a0290573_12082882.jpg

[PR]
# by kiyora77 | 2017-07-31 12:06 | さみしさBOX